ぱぐ’sらいふ~ねくすと+ふぃっしゅ
黒パグのだいきちとアプリコットフォーンのふくらのぼやぼや日記。 +飼い主釣り日記もありつつ・・・


プロフィール


のり

Author:のり
30代後半戦~~~
趣味は、ぱぐびととつりびと!
よろしゅ~ってことで!!



我が家の家族


だいきちくん
我が家の弱虫長男
あだ名は、セクシー王子と黒いヘタレ
得意技は、妊婦犬探知
妊婦犬を見つけると張り付きます。。。

ふくらさん
我が家のアイドル気質の夏娘
あだ名は、赤茶の小悪魔、ラッセルパグ
狩人、ヒールレスラー
新たにスカーレットふくらなどなど
最近、ちょこ~っと大人しくなってきたかな??
2009.7 念願のチャンピオン完成♪♪

あやさん作↓サンクスで~す



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




FC2カウンター


現在の閲覧者数:


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

便利サイト


GIFアニメ工房~GIFアニメーション作成講座


マウスについてくる犬の足跡




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.01.29  きっとA型のおパグ <<22:34


・・・雨降ってますよ。
またまた、雨ですよ、まだ一月だって言うのに。
今時期なら、雪がシンシンと降って、キレイな雪が積もってたりするのにさ。
な~んか、これからずどずど~~んと来そうな予感がしますよぉ。


本日も書くことないかな~って思って、だいきちをふと見ると、ちょっと書くこと思いつきました。
だいきち的話です。
略して、だいばなです、はい。
特に意味はありませんです、はいはい。


だいきちと言えば、言わずもがな、王子様キャラ。
体が濡れるのを嫌う、体が汚れるのを嫌うのです。

何度も書いてますが、雪の中が大嫌い。
できるだけ、圧雪のところを歩きます。
「らっせる」なんて、おパグのすることじゃないくらい思ってるフシがあります。

さらには、水溜りなんてもってのほかなのです。
絶対に絶対に何があっても、水溜りには入っていきません。
ちょっとでも、路面が濡れてようものなら、と~~~~~~まわりして来ますです。

だいきち的1

だから、だいきちとふくら、同じところを歩いて散歩してるのに、ふくらの服はドロのハネッ返りでドロドロなのに、だいきちの服は意外にサラサラな時が多々有り。

そんなキレイ好き王子の、さらなるキレイ好きを発見しました。

それは、だいきちのハウス内。
ちょっと解説ですが、だいきちのハウスは、大きめケージがあって、その中にトイレと寝床用のバリが置いてあります。
普段の留守番の時や、寝るときは、そのバリの中に入るんですね。
要するに、だいきちのプライベートルームといって言いかとも思います。
んで、そのバリの中。
夏場は、バスタオルを敷いて涼しめに。
冬場は、毛布地やら、フリース地やらを敷いて暖かめにしてるんです。

だいきち的2

ウチの仔達は、「ハウス」コマンド、ペキカンです、喜んでハウスに入っていきます。
普段なら、ハウスって指示すると、ぴゃ~~っと、走ってケージインするんですが・・・
だいきちくん、ケージインするんですが、なぜかバリの入口で立ち止まり、バリ中をジ~~ッと見てるんです。
なになに?って、バリの中を覗くと、特に何もない・・・ただいつもの毛布地が敷いてあるだけなです。
でもでも、バリの中には、絶対に意地でも入らない、だいきち。

・・・そう。
問題は、バリの中に敷いてるモノだったのです。
特に見た目は、汚れてはいないのですが、若干ですが、じゃ~っかん、パグ臭が・・・
たしかに一週間くらい、バリ中に敷きっぱなしにしてるんですが、毛布地。
洗い立ての毛布地に替えてやると、あっさりとバリの中に入って、寝やがんの。
まさか、このカホリを嫌がって、中に入らないとはね。
って、もともと、だいきちくん、あなたのカホリなんですけどぉ~~

だいきちや、きっと、あなたは完璧派のA型なのでしょうね。。。

だいきち的3

だ『ボクは、キレイ好きのおパグですからね、妥協は許しませんよぉ』

ちなみに、ふくらは、どこでもガンガン派。
汚れようが、カホリが強かろうが、まったくもって・・・

No.445 / だいきち話 / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

2008.12.24  メリクリですなぁ~~ <<22:09


さあ、本日、クリスマスイブですな。
皆さん、パ~チィ~~してますか??

我が家?我が家ですか。

はい~~もちろん、ひのさんは遅くまで仕事ですので、のり&だいふくでひっそりです。
晩御飯も一人でしたよ~~ぉ~~~寂しいィ~~~(涙
でも、ちゃんと、ケーキはガッツキましたよ、うえっぷって言うまで。
ちなみに明日もガッツク予定。


さてさて、だいきちへのクリプレを仕事帰りに買ってきました。
そう、前にも書きましたがベテマットって商品です。
だいきちが大好きなモコモコヌクヌク~なのです。

べて1

さっそく、ソファに敷いてみたら、すぐにピョンとソファに飛び乗り、この有様↑↓
最初、クンクンと匂いを嗅いだ後、どだ~~ぁん!と音が出るくらいの勢いで寝始めましたよ。
どうです、この表情?
気持ち良さそうに寝てますよね~~

べて2

んで、ちょっと放置していたら、横寝をし始めました。
これだけ喜んでくれると、買ってやったかいありますよ。
そんなに高いものじゃないですけどね~~

たしかに、飼い主が寝てみても、ヌクヌクしてて暖かいですよ~
きっと体温で暖かくなるんでしょうね。

べて3

個別オーダーで、もっと大きなサイズを注文できるようですが、今度飼い主用にも買ってみよかな。
だいきちに、貸して~って言っても貸してくれなさそうだしさ、この感じだと。

↓あまりに気持ち良すぎて、フレンチになっちゃいましたぁ~~ぷぷぷっ

べて4

ちなみに、ふくら用のクリプレは、明日届く予定。
やっぱり、肉系+αにしてみました。
+アルファの部分が、またイイお値段したんですけどね。
それは、明日にでも・・・

No.422 / だいきち話 / Comment*5 / TB*0 // PageTop▲

2008.11.18  渇く男・・・ <<22:39


寒くなりまっせ~~明日から。
というか、今晩かららしい。。。
明日、明後日は雪だとか。
本格的な冬到来ですな。

この寒さは身に堪えます、のり。
「最近、ちょっと痩せて寒さが身にしみるんですよ~」って、職場でふと口から漏らしたら、タコ殴りにされそうになりました。
ひのさんなんかに言ったら、鉄拳が飛んできまする。
いやはや、大変だ!!


さてさて、「渇く男」。
我が家のだいきちさん、この時期は「渇く男」なんです。
「渇く男」なんか響きがカッコイイ。

『ぬくぬくぬ~~~んなんです』渇く男1

何が渇くのか??
・・・そう・・・喉が。。。

この時期は、だいふく部屋に設置してるヒーターにべったりです、だいきちさん。
ちょうど、その前に大き目のカドラーとベテマットなんか敷いてあるから、尚更ぬくぬく。
ちなみに、あまり引っ付きすぎないよう、ヒーターの直近に柵を置くようにしてます。

『ヒーター、ラブなんですよ』
渇く男2

あまりに長い時間いるためか、ヒーターに熱され、「ハァハァ~~」言いながらも、引っ付きます。
時折、ちょっと離れて、フローリング部分で体を冷やしつつ、水を飲みにいくんです。
そしてまた、ヒーター前で、「ハァハァ~~」・・・その繰り返し。
そのせいか、この時期、非常に水の消費がハヤイ。
毎日「オアシス」の水を満杯入れてるんだけど、次の日取り替える時は、ほとんど無くなってますからね。
そこまでして、ヒーター前が好きなんですかね~~??

『喉が渇いたって、離れてやるかなんです』
渇く男3


No.398 / だいきち話 / Comment*6 / TB*0 // PageTop▲

2008.10.15  だいきちの昔話4  まとめ&飼い主の思い <<22:38


ちょっと間が空いてしまいましたね。
これを書かないと進めないって事で、最後をば。

だいきちの昔話1
だいきちの昔話2
だいきちの昔話3
お時間のある方は、読んでやっておくなマシ↑

さて、続きです。

問題行動カウンセリングを受けて、我が家は正解でした。
最初にも書きましたが、10ヶ月間、2週間に1度のカウンセリングです。
だいたい毎回、カウンセラーと1時間ほどお話をして終了。
特に薬などがでるわけでもなく、検査なんかも当然ありません。
とにかく、カウンセラーと飼い主が話をするのです。

今考えるとですね、よく頑張って通っていたなとさえ思います。
でも、この間、カウンセラーと犬の思考、行動について話せたし、ワンコとの関係性、付き合い方についても、深く考えさせられました。
「カウンセリング」は、「訓練」と違って、ワンコに対して何かしてくれるわけじゃなくって、飼い主に犬との付き合い方、関わり方を教えてくれる。
あとは、すべて飼い主が考え、実行する。
時間もかかる分、たくさんたくさん、愛犬のことを考えられるんです。
たぶん、今のだいふくと暮らす上での、考え方、接し方。
人間でいう、教育方針的なものでしょうか。
それが出来上がったのが、この期間の御陰だと思っています。

パグは、独特の思考性と執着心を持つ仔が多く感じると、カウンセラーが仰っていました。
その思考性と執着心から、攻撃へと発展する仔が多いと。。。
一度頭の中で出来上がった攻撃性は、絶対に消えることはないそうです。
極度に追い込まれた最終行動が「攻撃」という形のようです、だいきちの場合は。

カウンセラーに、よく言われた言葉で憶えてるのが、「その仔の感情をコントロールしてあげてください。」ということです。
興奮状態時は、悪い条件がすり込まれやすいようです、特に興奮しやすいパグという犬種は。
だから、できるかぎり興奮状態にならないようコントロールしてあげてくださいとうことでした。

さらに「より深くコミュニケーションをとって、その仔に安心感を与えてください。」ということも、よく言われました。
今度、どんどん年齢を重ねるごとに、体が思うように動かなくなる。
そうすると、精神的な不安定さが増すそうです。
だから、年齢を重ねるごとに、より深くコミュニケーションをとって、その不安と取り除いあげてくださいということでした。

カウンセリングを卒業したからといって、それで終了というわけでありません。
だいきちと、どうやってコミュニケーションを取っていくか。
さらに、だいきちを興奮させないよう規則通り、ルール通りは、今も継続してます。
フードを何度かに分けて与えること、骨類、オヤツ類はすぐに完食できるものを与えること。
そして、どんな場合でも、だいきちに指示してできたら褒める。
さらに、良いエネルギーを感じてもらえるよう話かける。
それは、だいきちが我が家の家族である限り、ずっとずっと続いていくのです。

今は、「犬を犬としてみる」ってことが、一番大切なのかなと思っています。
「リーダー」とか、「地位」とか「上」とか「下」とか、人間の言葉、価値観でワンコを考えるから、余計に分からなくなるし、余計な人間の感情が入る。
飼い主の感情が、間違ったところに愛情としてかけられ、ワンコが混乱、行動が問題化する。。。

ワンコは、ワンコの世界の中で、上手に相手とのバランスをとって生きている、その場その場の状況に合わせて。
強く出る、譲る、その時の行動が、その仔にとって安心できる行動なんじゃないかと。
飼い主は、その仔の「犬としての幸せは何か?」を考えて、「安心」を与え続けるよう努力する。
犬と暮らすって、そういうことなんじゃないかと、今はそう思っています。

今回は、だいきちのことを書いてみましたが、その仔の状況、家庭環境等によって問題行動の対処法が違うと思います。
もし、問題行動に悩んで対処法に困っている方がいっしゃいましたら、ぜひ専門家に相談することをお勧めします。

たくさんたくさん、時間もお金もかかるし、深く深く悩みますし、凹みます。
状況は一進一退で、劇的に改善されることって無いかと思います。

でもね、時間をかけて深く悩んで、お金もいっぱいかけて、それを愛犬とともにクリアした時、きっとその仔のことが、もっともっと愛おしくなると思いますよ!
我が家がそうでしたから、だいきちのことが、もっともっと大好きになりましたから。

だらだらと文が長ったらしくてすみません。
文才がないもので、言いたいことを書いていたら、こんなに長くなっちゃいました。
きっと意味不明なところもあったでしょうね。
最後まで読んでくださったみなさま、どうもありがとうございました。

だいきち話4

No.317 / だいきち話 / Comment*3 / TB*0 // PageTop▲

2008.10.07  だいきちの昔話3~卒業に向けて・・・ <<20:00


だいきちの昔話1
だいきちの昔話2
の続きです。

数か月のカウンセリングと行動修正プログラムで、いくぶん、だいきちとの関係性が改善されました。

そこから、新たなプログラムが始まります。
だいきちとのコミュニケーションをとって、信頼関係を深めていくこと。
そして、さらに良い条件を学習させるということです。

そこから、とにかく、だいきちに話しかけるようにしました。
人間じゃないんですから、言葉は通じないと思いますが、飼い主から発せられる良いエネルギーを感じてもらえるように。
言葉って言うよりも、温かい気持ち、「だいきちのことが大切なんだ」って気持ちを伝えるように。
ワンコって、相手のエネルギーを感じられるんじゃないかって思っています。

あと、良い条件を学習させる。
良い条件とは、なんでもいいんです。
だいきちに指示をして、出来たらご褒美&褒めるということ。
口を拭くとき、体を拭くとき、指示をして我慢させる、離れたところから呼び戻す。
とにかく、日常生活のあらゆることに指示をして褒める&ご褒美。
なでもいいんです、飼い主から、指示をして仕事を与えられ、それが出来たら良い事があると学習させるのです。

そのせいかどうかわかりませんが、約4ヶ月ほどで、のりとの関係は完全に改善されました。
居間の中、いつ何時だって、すべての行為を問題なくできるようになったのです。


さて、残ったのは、ひのさんとの関係性。
後から付いた、悪い条件がどんどん削げ落ちていき、最後に残ったのは、ここでした。
問題行動が始まった原点とうのは、最後まで残るそうです。
原因としてはわからないけど、きっかけは、ひのさんとの関係性から始まったのだろうとのお話でした。

だいきちは、ペットショップから我が家に向かいいれた仔です。
たしか、我が家に来た時点で生後2ヶ月だった気がします。
今考えると、明らかに、社会性が未成熟だったと思います。

そして、元々、ひのさんっ仔。
パピコの頃から、ひのさんにベッタリだったんですね。
飼い主の気持ちに繊細な仔だし、ひのさんも心の病を抱えて不安定でした、当時。
さらに、ふくらという新たな家族を迎えて、ふくらの初ヒート。
いろんな要因が重なったんだと思います。

プログラム始まり数ヶ月。
だいきちは、まったくひのさんを受け付けませんでした。
のりへ見せなくなった攻撃性・・・ひのさんが触ろうとすれば、その手に向かって、咬みつく、唸る・・・
状況として、一歩進めば、二歩下がるを繰り返して、このまま改善されないのかとさえ思いました。

直接、ひのさんとだいきちの間に、新たな信頼関係を築くというのは、難しいようなので、のりが間に入り、のりとだいきちの間にできた良い条件、新たに構築された信頼関係に、ひのさんを組み込むということを続け、少しずつ確実に距離を縮めていくことができたのです。

そして、カウンセリング開始10ヶ月ほどで、日常生活を問題なく過ごせるようになり、カウンセリング卒業となったのです。

心の病を抱えて、なかなか積極的にコミュニケーションをとることができなかった、ひのさん。
心の奥底に出来上がった恐怖心がなかなか消えなかった、だいきち。
双方ともよく耐え、よく努力してくれました・・・ありがとう。

だいきち昔話4へ続く・・・

だいきち話3


No.311 / だいきち話 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

<<Prev Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。