ぱぐ’sらいふ~ねくすと+ふぃっしゅ
黒パグのだいきちとアプリコットフォーンのふくらのぼやぼや日記。 +飼い主釣り日記もありつつ・・・


プロフィール


のり

Author:のり
30代後半戦~~~
趣味は、ぱぐびととつりびと!
よろしゅ~ってことで!!



我が家の家族


だいきちくん
我が家の弱虫長男
あだ名は、セクシー王子と黒いヘタレ
得意技は、妊婦犬探知
妊婦犬を見つけると張り付きます。。。

ふくらさん
我が家のアイドル気質の夏娘
あだ名は、赤茶の小悪魔、ラッセルパグ
狩人、ヒールレスラー
新たにスカーレットふくらなどなど
最近、ちょこ~っと大人しくなってきたかな??
2009.7 念願のチャンピオン完成♪♪

あやさん作↓サンクスで~す



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




FC2カウンター


現在の閲覧者数:


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

便利サイト


GIFアニメ工房~GIFアニメーション作成講座


マウスについてくる犬の足跡




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.11.04  こんな本買ってみました~~っと <<22:18


こんな本、買っちゃいました↓
こんな本1

『もう迷わない!ペットの健康ごはん』
ってことで、またまた、ワンコの手作りごはんです。

手作りにしたいしたいと思い、早1年以上が経ちました。
でも、栄養のバランスとか、何が食べられるのかとか、食材をどう処理したらいいのかとか、量はどれくらいとか、いろいろと分からないこもとあったり、いざってって時にドライフードがいいのかな??とかもあったり。
いろいろと勉強中なんですね、今。

んで、まあ、いろいろとワンコの手作りごはんの本なんかを、これまで買って読んできましたが・・・・う~~ん・・・

なんでしょう??
これまで読んできた本で、よくあったのが、すべてに火を通した、ドロドロのおじや系のワンコごはん。
たしかに、簡単だし、ワンコが喜んで食べそうなんですよ。
人間が見てもすごく美味しそうに見えたし、これなら手作りに出来るかとかも思いました。

でも、いろいろと調べているうちに、火を通す、茹でるなど、食材を調理することによって、食材の栄養価が変わるっていうじゃないですか。
これらの本には、いろいろな食材の栄養価なり、レシピなりが書いてあるのですが、その点については、どうも書かれていないんですね。
だから、ちょっと自分の求めてるものと違うかな~ってのもありました。

んで、この本。
基本、「ローフード/raw food」を進めています。
「食べ物を加熱しないで、生で食べさせることで、生きた酵素を体に取り入れる」ってことのようです。
良質の動物性タンパク質と、生食ならではの生きた酵素を大切にしているって感じでしょうか。

生肉、生魚、生野菜、生果実・・・この本によれば、生の食材は、食材に含まれるビタミンやミネラル、酵素なんかをそのままの状態で体に吸収でき、さらには、その酵素の力で、消化しやすく、消化器官の負担を減らせるとのことです。

※ちなみに、食材によっては、火を通した方がいいものや、処理しないといけないものもあるようです。

それと、栄養学の基礎的なことも書かれてました。
その部分は、ちょっと小難しい内容でして、結構詳しく書かれていたので個人的に好きです。

まだ、さら~っとしか読んでいないのですが、かなり参考になりましたね。
若干、疑問なり分からんな~??って思ったところもあるのですが、もう少し読み込んでみたら、理解できるのかもしれません。

『本日も、ホワイトタイガー現るな一枚』
こんな本2
だいふくさんや、新たな食材をちょっとずつ試してみますからね~~


ふくらと一緒に暮らし始めて、皮膚の弱さ、免疫力の低さを実感しました。
だいきちにはない、ふくらの繊細さ、弱さ・・・

これまで、皮膚疾患が出た→抗生物質に頼る、の繰り返しでした、ふくらの場合。
二ヶ月に一度は、病院に行って抗生物質を貰ってくる。。。

そこから、いろいろとネットで調べ、本を読み、人に聞き・・・
皮膚環境と免疫力は、毎日の食事からってことを聞きました。
毎日与える食事により、体内環境を正常化する。

ふくらの食事を改善させていくうちに、見る見る、ふくらの皮膚環境は良くなるし、免疫力も付いてきた。
オマケに、毛艶もすごくよくなったんです。
今では、目の角膜炎以外で病院にかかることなんかなくなりました。

ほんとに大切なんですよ、毎日の食事って。
我が家は、きっとずっとずっと勉強し続けていくと思います、食事については。

No.380 / 犬用品 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2008.10.12  ついに買っちまっただぁ~~ <<23:37


本日、2本目の更新です。

つっ・・・ついに買っちまいました・・・
衝動買い?いや、前々からかなり気になってきた品です。
まあ、衝動買いに近いかも。

その名も・・・「マジックボール」。
たぶん、アリオのテ○テ○に行ったことのある人なら、一度は目にしたことがあるでしょう。
丸い容器で、中でくりくり~って液体が回ってて、いいカホリがするやつ。

さて、その効果ですが。
詳しくは、「マジックボール」でググッてみてください。
マジックボールのHPを要約すると・・・
・「ミストで空気を洗う」という新発想の空気洗浄システム」」
・「空気中に浮遊する細菌やウィルス、悪臭のもとなどをカプセルに封じ込め消滅させる「カプセル化技術」」によって、「除菌」「消臭」「香り」の3つの効果」
「香港・韓国などの東南アジアにとどまらず、アメリカ・イギリス・ノルウェーなどの欧米諸国などで、ウィルス撃退・感染防止に活躍し高い評価」
・・・とのことです。

マジック1

我が家としては、消臭ということで、パグ臭の一掃。
さらに、除菌ということで、有害な微生物やホコリの除去。
ウイルス除去もありなので、インフルエンザや風邪の予防。
そして、アロマにも興味があるので、香りも楽しみたいってこともあります。

話をちょっと戻しまして、買ったのは、10月10日・・・ちょうど、テ○テ○の日でした。
この日だけ、テ○テ○さん、商品10%オフ。
このマジックボールも10%オフということでした。
ちょうど、ひのさんも一緒だったってこともあって、悩んで悩んで買っちゃったのです、うは。

マジック2

んで、まあ、みなさんが、お聞きになりたいのは、きっと使用感でしょう。
けっこうなお値段しますからね、これ。
いいんだろうな~って欲しいな~って、でも高いな~って思ってる人も多いでしょう~

使用方法としては、この機械の中に、専用の溶液(ソリューション)と水を入れて、あとはスイッチオンなのです。
そすると、希釈された溶液が、内部でグルグルと回って、ミスト上になって、機械上部から空気中に放出される、といったところでしょうか。

まずは、見た目。
見た目は、3色のLEDが点滅して、すごくきれいです。
きっとオサレなお部屋にも似合うでしょう~オサレです。
ちなみに、電気代は、一日運転して10円だそうです。

んで、一番大切なのは、消臭。
最初、溶液に入ってるアロマオイルで、誤魔化してるのかと思ったけど、違うようです。
二日で、内部の水と溶液を取り替えないといけないのですが、新しい溶液と水を入れて、一日経つとアロマの香りがだんだん薄くなってきます。
アロマの香りが薄くなると、パグ臭が戻ってくるかと思ったけど、パグ臭が消えてるんです。
薄っすらアロマの香りがするのですが、基本、部屋の中が無臭になってます。
消臭効果は、すぐに実感できました、パグ臭がなくなってる~って。

香りですが、上にも書きましたが、新しい溶液と水を入れて、丸一日運転させてると、アロマ臭が薄くなります。
アロマ臭を楽しみたい人は、頻繁に溶液を入れたほうがいいかもしれません。
のりとしては、濃いアロマ臭は苦手なので、ちょうどイイ感じで、ほのかな優しい香りなのです。

除菌・・・これは正直、まだわかりません。
これから、風邪の時期を迎えると、ちょっと効果を感じられるかもしれません。

マジック3

ちなみに、我が家のだいふくが、主に生活してる空間は、居間と元和室をぶち抜いてるので、20畳近くなります。
キッチンを入れると、もう少し広くなっちゃいますが。
居間兼だいふく部屋+キッチンという感じです。
これだけ、広い空間でも、消臭&香りの効果が感じられました。

これは、なかなか面白い商品です。
溶液(ソリューション)によって、いろんな香りが楽しめるし。
室内で、ワンコと一緒に暮らしてて、空気清浄機の購入を考えてるなら、この商品も検討に入れたほうがいいかもしれません。

マジック4

ちなみに、テ○テ○の顔見知りの店員さん数人が、みなさん購入したって言ってました。
「かなり使える~」って、口々に言ってましたね。
ショップの店員さんが、自腹切って購入したものなんだから、かなり使えるんだろうね~~

No.315 / 犬用品 / Comment*6 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。